15時までにご注文商品の決済完了で当日即日発送可能です【定休日(水曜) / お取り寄せ商品を除く】

TVチャンピオン スニーカー選手権 優勝者が語るスニーカーのちょっとビンテージな思い出トーク VOL.3

過去に購入したスニーカーに付属したアイテムも保管しており、それらが今の時代には非常に懐かしいレア物として"宝箱"から出てきた。

1980年代後半のナイキスニーカーにはこのような「パンフレット」というか「説明書」というか冊子が付属していた。


今回はバスケットボールシューズにフォーカス。

中身はこのような感じ。

もちろんすべて英語表記。
当時は辞書片手に細かいスペックでも知ろうと必死だった。
スニーカー博士になりたかった。
次のページはわかりやすイラストで紹介。

"エアユニット"がどの位置にどのような大きさで搭載されているのかが一目で分かるありがたさ。

アッパー素材なども書かれていてわかりやすい。
スニーカー知識が増える。
スニーカーの特徴をわかってオンコートで履く。
良いことしかない資料。

こちらのスニーカーはこれ。

NIKE AIR FORCE 2 HIGH (1986)


こちらは"エアユニット"が特殊な搭載方法。
LOW-TOPモデル。


上記モデルのHIGH-TOPバージョン。


NIKE AIR DELTA FORCE LOW (1988)


NIKE AIR DELTA FORCE HIGH (1988)
日本発売時は AIR DELTA FORCE 3/4 LE HIGH とされていた。
当時、バスケットボール部で履いていた相棒。


こちらは1988年リリースのバスケットボールシューズ。
1988 NCAA ファイナルゲームで優勝したカンサス大学が履いたモデルとして有名。
後にNBA入りしたダニー・マニングももちろん着用。


NIKE AIR ASSAULT (1988)
この当時はヒールエアだけが普通だった。


MJもCBも愛用の隠れた名作キックス。
自分も高校3年の夏合宿で愛用。
未だ復刻されない理由がわからない。


言い忘れたが裏面から読むと異なるランゲージで書かれている。


NIKE AIR ALPHA FORCE (1988)
極めてLOW-TOPに近い足首のカットながらホールド力もあり、何よりつま先のベルトストラップがかっこいい。
このパーツによりフィット感が変わるかと聞かれるとそれほどの効果は無かったように記憶している。

これらのように"付属品"もコレクションアイテムであり、スニーカーが加水分解しつつも発売から35年が経過した今でも新たに楽しめたりもする。

もう一つの"付属品"を紹介しておこう。こちら。

インソールを剥がし"土踏まず"部分に両面テープで貼る矯正パーツ。
サイズにより本体のカラーが異なる。
当時は「アーチクッキー」とマニア間では呼ばれていた。
これも非常に懐かしいスニーカーアイテムだったりする。

注:ここに紹介した写真のアイテムはすべて個人所有品のため販売はしておりません。