15時までにご注文商品の決済完了で当日即日発送可能です【定休日(水曜) / お取り寄せ商品を除く】

TVチャンピオン スニーカー選手権 優勝者が語るスニーカーのちょっとビンテージな思い出トーク VOL.4

1991年にリリースされたNIKE AIR HUARACHE(ナイキ エアハラチ)

伸縮性あるウエットスーツのようなライクラ素材をインナーに使用。
当時は画期的なフィット感でスポーツシーンにセンセーショナルを起こしました。

もちろん自分も発売とほぼ同時にランニング用のAIR HUARACHEを購入。
ランニングで愛用、その履きやすさに感動して普段用にスニーカーとして履いてました。

このHUARACHEモデルはランニングのみならず「クロストレーニング」「バスケットボール」時期をずらして「テニス」とカテゴリーに限らずリリースされます。

今回ご紹介するのは1992年時にナイキジャパン社が配布していたAIR HUARACHEのスペックを紹介したノベルティグッズです。


同時に配布されていた1992F/Wユーザーカタログの抜粋と共にご紹介します。


円形でページが回転する仕様。
表面は黒にHUARACHEロゴがシンプルにプリント。


次はHUARACHEの紹介。
ここに書かれている「5種」はランニングのメンズ&レディース、クロストレーニングのメンズ&レディース、そしてバスケットボールの全5モデル。
"未来のシューズ"
まさしく未来の履き心地と感じました。


AIR HUARACHE (MEN)

AIR HUARACHE (WOMEN)


今ではあまり紹介されない「エアの配置図」も説明されています。

次はクロストレーニングモデル。

AIR TRAINER HUARACHE (MEN)

AIR TRAINER HUARACHE (WOMEN)

そして最後を飾るのはバスケットボール。

AIR FLIGHT HUARACHE (MEN)

1992年NBA ALL STAR GAME でスコッティ・ピッペンが着用。
1992年バルセロナ五輪では大学生からひとりドリームチームに選抜されたデューク大学のクリスチャン・レイトナーもナイキ社から提供されました。
NCAAではジョージアテックのケニー・アンダーソンはじめ後のNBAプレーヤーとなるライジングスターの足元を飾りました。


最後は「足をやさしく包み込む」システムであるHUARACHE FITの説明で終わります。

ランニングシューズのAIR HUARACHEは復刻が継続され昨年からもカラーバリエーション豊富にリリースラッシュが続いています。

当時リミテッドカラーで入手出来なかったブラックxホワイトはマストカラーウェイで即購入。

今回はバスケットボールシューズであるAIR FLIGHT HUARACHEは復刻されて無いのですが2013年にレトロがリリース。

現在もバスケットボールシューズとしてオンコートで愛用しています。

AIR JORDAN 7 のインナーブーティーとしても使用されたHUARACHE FITは、形状を変化させていきAIR JORDAN 8 では「ダイナミックフィット」とした呼び名が付きます。

1991年のファーストリリースから31年が経過した今でも、AIR FLIGHT HUARACHEに足を入れコートに入ると豪快に跳べるような気がします。
まぁ実際はヤクルトジャンプなのですが。。

以下、1992F/Wユーザーカタログより。


NIKE AIR HUARACHE (MEN)



NIKE AIR TRAINER HUARACHE (MEN)



NIKE AIR FLIGHT HUARACHE (MEN)

AIR FLIGHT HUARACHE は、1stカラーウェイのホワイトとこちらの92F/Wカラーウェイも当時購入しました。
AIR TRAINER HUARACHE も、ベルトストラップ好きとしては買わない理由が無いとして92F/Wカラーウェイを買いましたがAIR FLIGHT HUARACHEと比較するとあまり履きやすさが感じられず数回履いてボックスに収納しました。
どれも現在は殿堂入りで押し入れの奥の奥のまたその奥で居られるはずです。

注:ここに紹介した写真のアイテムはすべて個人所有品のため販売はしておりません。