15時までにご注文商品の決済完了で当日即日発送可能です【定休日(水曜) / お取り寄せ商品を除く】

アディダスのニュープロダクト "HARDEN VOL.6"を履いた感じは・・・

アディダスのニュープロダクト
HARDEN VOL.6 (ハーデン ボリューム6)


"日本国内での流通がかなり少ない限定カラー"

クッショニングには"BOOST"を搭載。

"Boost" と書いた素材がクッショニングシステムで今回のVOL.6は
フルレングスに使用されているのでもちろんですがクッション性バツグン。
VOL.6を持った瞬間に少し重い感じがしますがBOOSTのクッショニングと
優れたフィット感で重さを感じないバスケットシューズです。

LOW-TOPに近いシルエットなのに他のLOW-TOPには得れない安定した
フィット感の秘密はこのパーツにあります。

インサート部のアキレス腱部分に配置されたパットパーツ。
柔らかい素材で履いた際にカカト部分を違和感ない程度でロックオン。
スカスカな感じは一切無くLOW-TOP初心者のお方でも脱げる感じなく履いてもらうことができます。

もうひとつ注目のパーツはこちら。

シュータントップのプルタブ。
両サイドに2つ取り付けるのはデザインかと思いきや、プレー中にシュータンが外側にズレてヨジレるのを防ぐ工夫がされています。
足の甲には多くの大切な血管が流れているのでシューレースをきつく絞めて圧迫すると血液の循環が劣りシビれや疲労が激しくなる場合があります。
よくNBAプレーヤーがプレー中に簡単にバスケットシューズが脱げてるシーンがあります。
あれはシューレースをきつく絞めてないのですが理由はここにあります。
プレー中、自分のパフォーマンスを保つためにシューレースを絞めすぎないようしています。
このプルタブ2つで両サイドにズレないようシュータンを定位置に配置させます。

HARDEN VOL.6 を履いた感じ。

サイズ感はいつも選ぶサイズでバッチリでした。
少しつま先に余裕ある感じがしますがサイズダウンするとタイトさが増してしまいました。

シューズ内をぐるりとまわるゴムパーツは機能面というよりデザイン性。
このゴムでフィット感が良くなる。という感じは無かったです。

それでもシューレースをしっかり絞めれてサポートするデザインになっているので前作のVOL.5よりはかなり良いフィット感が得られます。


フラットなソールの形状にフルレングスBOOSTで安定感は最高の更に上の超最高です。横ブレも無くしっかり踏ん張れます。


アウトソールの形状も2パターンのヘリンボーンを刻み、つま先アウトサイド部分のフレックスグルーブ(みぞ)を細かくモールドすることにより、より一層のグリップ力を発揮させ細かいステップワークを踏める仕様です。

思った以上に安定感があるのと、アウトソールのグリップ力も良いので意外とインサイドプレーヤーでも十分に履いて貰えるバスケットシューズです。
もちろん、ジェームス・ハーデン同様、アウトサイドでプレーするプレーヤーに最適なのは言うまでもありません。

前作のVOL.5のフィット感(足のカカトの抜ける感)に心配があったのと、グリップ力が弱かった箇所をしっかりと改善されているのは好印象です。


詳細は adidas HARDEN VOL.6 のページでご確認ください。